聖マリア幼稚園

聖マリア通信 10月

お楽しみのパン食い競争(全園児)                    2018/10/12(金)

運動会の競技には卒園生のパン食い競争があり、

後日、子ども達もパン食い競争を楽しんでいます。

その他の運動会競技もみんなで行いました。

年少組は年中組のプレイバルーンに入れてもらい、玉入れもしました。

20181012
20181012

障害物競走(写真はゴム段を飛び越える瞬間)に年長組の応援団

20181012
20181012

下の学年にパン食い競争のお手本を見せた年長児は早くも美味しく味わっています。

20181012
20181012
20181012

運動会からおよそ2週間が経ち、

益々の子ども達の体力や運動能力の向上を感じました。

五感で感じた秋の散歩(年少児・年長児)                 2018/10/09(火)

先週に引き続いて、年少・年長児が散歩に出かけました。

この日の散歩は山登りコースの散歩です。

山の上まで行く道では どんぐりや木の実を夢中で拾い集めたり、

落ち葉でいっぱいになっている上を歩いては、

「ふかふかするー。」「音がする。」と感触を味わいました。

見る力、育つもの(全園児)                        2018/10/04(木)

運動会に向かう日々の中、子ども達は自分のダンスや競技だけでなく、

他の学年のものも 応援しながら興味をもって見てきました。

音楽に合わせダンスをするのが大好きな子ども達は

自然と体が動き、その場で見ながら自分も踊り出していました。


運動会が終わったこの週、

「”ドラえもん”がいい。」

年長組のダンス曲をリクエストする年少児達。

「年長の先生にCDを借りてきたら?」の先生の言葉に

5~6人の年少児が年長組の部屋へ。

「ドラえもんのCD貸して下さい!」と

先生に教えてもらった言葉を使い CDを借りることに成功。

ポンポンを手にして嬉しそうに踊り始めました。


振り付けを教わったわけではないのに、

年少児達は曲に耳を傾け、動きを思い出しながら踊り始めました。

数回繰り返し、その動きに自信がみられるようになっていきます。

音を聞きつけた年中児も仲間に加わり、踊り続けました。


”関心を持って見る”ということは 大きな力をもたらします。

この週は小学校の運動会練習風景をよく目にします。

自分も経験のあることは関心も持ちやすく、

特にダンスは曲が聞こえると とんできて見ている子ども達です。


どんぐり、まつぼっくり、ねこじゃらし(全園児)              2018/10/03(水)

秋が少しずつ深まり、

登園時、子ども達が色々なものを 拾ってくるようになりました。

歩く速さだと 毎日見ている風景の小さな変化にも気づきます。

見つけた宝物を、小さな手に 落とさないよう しっかり握って登園です。

先生や友だちに会うと、自分が拾った素敵なものを見せてまわります。

子ども達が感じている嬉しさや喜びを、子どもの目を通して 改めて感じる瞬間です。


貝殻がいっぱい!(年中児)                        2018/10/03(水)

小学校の運動会予行演習を見た後、

それぞれ散歩に出かけました。

年少・年長組とは別に 年中組は逗子海岸へ行きました。

海岸の様子は その日によって違います。

この日は 子ども達の目を引きつける大きな貝殻が

至る所に打ち上がっていました。

夢中になって貝殻を集めます。

貝殻だけでなく、時々しか目にしない”タコノマクラ”もありました。


小学校の運動会練習を見学(全園児)                    2018/10/03(水)

幼稚園の運動会が終わると 次は隣の小学校の運動会です。

普段は小学校と交代で使っている表の園庭ですが、

しばらくの間 小学校が少しでも練習できるように使用を譲ります。

この日は小学校の運動会の予行演習日でした。

幼稚園の子ども達はクラスごとに その様子を見学。

学年によっては 小学校2階テラスから見るクラスもありました。

いつもは入ることのない小学校校舎ですので、

非日常的で特別な感じが 新鮮でワクワクする気持ちにさせてくれました。











nach oben