聖マリア幼稚園

聖マリア通信 7月

1学期の終業日(全園児)                       2019/07/18(木)

1学期の最終日。

教会聖堂で終業式をし、1学期の見守りとお恵みを感謝しつつ、

翌日からの夏休み中にもみんなをどうぞ守って下さい、と祈りました。


終業式後、各学年がそれぞれに部屋やおもちゃをきれいに掃除しました。

小さなサイズの雑巾を手にして、あちらこちらを拭き回ります。

みんなで使っているおもちゃや棚、ロッカーを友だちといっしょに楽しんで拭いていました。

ヤッホッホ夏休みの歌詞に

”さようなら 滑り台 さみしがらずに待っててね 9月になったら また遊ぼう♪”

というくだりがありますが、

有り難うの気持ちを込めて きれいにしてあげたおもちゃに

「また9月ね。」とでも言っているかのような表情の子ども達。

拭いてきれいにすることに 面白さが高まり

まだ拭いていないところを探し回り、次々と拭いていました。

おかげで部屋の中はピッカピッカになりました。

それが大きくなるっていうこと(全園児)                2019/07/18(木)

4月に入園・進級した子ども達。

この1学期の間に経験を通して 少しずつ成長してきました。

今まで出来なかったことが 少し上手になったり、自分の力だけで出来るようになったり、

おもちゃを譲ることや 順番があることを知り待つことも出来るようになったり、

けんかしても 相手の言い分に耳を傾けられるようにもなってきました。

自分と違う考えを持つ友だちの思いを感じ、

自分の気持ちにどう折り合いをつけるかは難しいですが、

それまで揉めていた状況でも 何事もなくすんなりいくように…。


「あの時はけんかしたよねー。」

同じ状況ではけんかしなくなった子ども同士が

前の自分たちを振り返って笑っていました。

”それが大きくなるっていうこと”…ですね。

すいかを収穫しました。(年長児)                   2019/07/17(水)

順調に育っていたすいかが 日照不足により生長が停滞しています。

自然のもとでものを育てるって 簡単なことでなく、

種を蒔いて世話をすれば 思い通りに育つわけではないこと、

太陽の光の大切さと恵みを 経験として知りました。


それと同時に 果物や野菜を作っている農家さんの苦労も考えました。

日々の食卓にあがる食べ物が 目の前にあるのは当たり前のことではなく

色々な人が一生懸命に努力してくれるおかげであって、

有難く感謝して頂く事の大切さを感じました。

トマトを収穫しました。(年中児)                   2019/07/17(水)

たまには野球の日も(年長児)                     2019/07/12(金)

サッカー好きの年長児が この日始めたのは野球でした。

自分たちでバットやボールを作りました。

ルールをみんなで確認してプレイボール!

ほとんど初めての野球に

「どんな遊び?」とすぐ近くで見ている子ども達の姿もありました。

丸めて、こねて、伸ばして(年中児)                  2019/07/12(金)

この日はみんなで粘土遊び。

へらや伸ばし棒を使っておもう形を作ったり、

パン職人のように大きな塊を両手でこねたり、

ひたすら細長く伸ばして どこまで長くなるかに挑戦したり。

こねながら 無心に粘土に向き合う子ども達でした。

光が作り出すもの(年長児)                      2019/07/12(金)

納涼会の輪投げに使うペットボトル。

先日からマジックで色塗りをしている年長児達。

光が透明のペットボトルに塗った色を映し出すのでは、

ペンライトを入れてみることに…。

よく映るように部屋のカーテンを閉め、電気も消しました。

光が当たることで変化する様子。

光を床に向けたり上に向けたり、顔を近づけて見入ったり。

お化け屋敷ごっこするときにもいいね、と発見をしました。

納涼会ダンス練習をしています(全園児)                2019/07/12(金)

雨降りのため、ホールにみんなで集まって

納涼会ダンスの練習をしました。

ボンゴのリズム(年長児)                        2019/07/09(火)

この日のリトミックはボンゴを使いました。

ボンゴは手のひらを使って 叩いて音を出します。

順番に並んで 途切れないようにリズムを繋ぎます。

一定の速さでリズムを保てるようになってきた年長児達。

前の友だちの音をしっかりきいて 上手に奏でます。

おおかみさん、今何時?(年少児)                   2019/07/05(金)

この間から楽しんでいる「おおかみさん、今何時?」の遊び。

遊ぶほどにルールも良く理解して、面白さも深まります。

「おおかみさん、今何時?」のルールは6月のマリア通信で紹介しています。


最初は一列に横並び
始まるときのワクワク感

「3時!」くるりと反転、
一斉に逃げ出す子ども達

おおかみに捕まらないよう
グルグルと逃げ回ります

食べられるかなぁ?(年中児・年長児)                 2019/07/05(金)

順調に育ってきた年中組のトマトとパプリカ、

そして年長組のすいかの生長が このところ停滞気味。

雨が降っていないときは曇りも多く、日照不足。

7月に入り、夏休みも目前。

それまでに食べられるように育って!梅雨空を見上げながら願います。


自然条件が大きく関わる野菜の育ち。

作り手である農家さんの苦労がしのばれ、

食べ物を大事に頂きたい気持ちが強まります。

トランポリンでぴょーん、ぴょん(年長児)               2019/07/04(木)

幼稚園にふたつあるトランポリン。

場所をとることや 他の遊びや活動との兼ね合いもあって

頻繁には出していないトランポリンですが、

子ども達の遊びの様子とタイミングをみて出しました。

足裏の発達や体幹力も付いてきている年長児達、

久しぶりのトランポリンも あまりふらつくことなく跳んでいました。


トランポリンの話を聞いて、年少組や年中組の子ども達もやって来て

初めて経験する子ども達も 体が跳び上がる感覚を

始めのうちはやや驚きつつも 次第に慣れて楽しんでいました。


習得には少しずつ継続して経験することが大切です。

この日だけでなく、翌日もトランポリンをしました。

きのこ!!(年長児)                          2019/07/02(火)

梅雨の晴れ間、虫取り網とケースを手にして虫探しに出ます。

草が多く 色々な虫が棲んでいる南の庭に行くと、

緑の芝生や草の間に 丸く茶色いものがあちらこちらに。

「きのこだ!毒キノコかな?」

曇りや雨続きで 人に踏まれることもなかった南の庭は

きのこ達の憩いの庭になっていました。

それぞれのうちわ(全園児)                      2019/07/02(火)

各学年でそれぞれにうちわ作りをしました。

配られた自分のうちわを手にすると

パタパタと扇ぎ始める子ども達。

腕の長さが少し足りず、自分に風を向けるのは

中々難しく、近くの友だちと扇ぎ合いました。

無地のうちわに魚や向日葵などを描きました。

nach oben