聖マリア幼稚園

聖マリア通信 6月

おおかみさん、今何時?(年少児)                   2019/06/21(金)

4月に入園した年少児達も

みんなでいっしょに遊ぶ楽しさを味わい、

集団遊びも出来るようになってきています。


今週は”おおかみさん、今何時?”をしました。

独り離れたところにいるおおかみ役(鬼)に向かって

「おおかみさん、今何時?」と聞くと、

「○時!」とおおかみが答え、

言われた時間と同じ数の歩数分だけ みんなでおおかみに近づいていきます。

でも3時と言われた時は おおかみがみんなを食べに来るので

捕まらないように急いで逃げます。

捕まった人が次のおおかみ(鬼)になります。


広い園庭いっぱいに”おおかみさん、今何時?”をしていますが、

今年の年少児は自分が鬼になりたくて、

追いかける鬼に自らくっついてきてしまいます。

最近の砂場状況(全園児)                        2019/06/21(金)

気温も上がり、水の感触が心地よくなってきました。

今週は砂場の真ん中に穴を掘って 水を流し込み、

水の流れる動きと溜まる様子に熱中していました。

日や時間帯によって遊んでいる学年も入れ替わり、

形作られた砂場の状況を 引き継いで遊んでいました。

4年生といっしょのお弁当(年中児)                  2019/06/20(木)

聖マリア小学校の4年生との交流も3回目。

今回はいっしょにお弁当を食べて、いっしょに遊びました。

年中クラスの保育室に来てもらい、隣り合ってのお弁当。

お弁当の後は、小学校の昼の掃除時間までいっしょに遊びました。

年上のお兄さんお姉さんに 嬉しく甘える年中児達でした。

YU-TAさんとダンス(全園児)                     2019/06/20(木)

EMPTY KRAFTのYU-TAさんが来園して

”東京五輪音頭-2020-”の踊りを教えてくれました。

細かい動きもありましたが、YU-TAさんをみながら踊りました。

ピカピカ泥だんご目指して(年中児・年長児)              2019/06/18(火)

このところ、ピカピカ泥だんご人口が増えています。

中には年長組でも初泥だんごの子どももいて

不慣れながらも 両手でにぎにぎと だんご作りに精を出しています。

泥だんごは乾燥させて固まらせてから 磨き始めます。

粒子の細かい磨き用の砂をタライに集めていますが、

そのサラサラ・フワフワ砂の手触りは

だんご磨きを忘れさせてしまうほど 子ども達を虜にしています。

はさみと糊で紫陽花製作中(年少児)                   2019/06/14(金)

細長い短冊状の折り紙を パチンパチンとハサミで切って、

糊でペタペタと貼付けて 紫陽花を作りました。

散歩中に見た紫陽花の花を思いながら、

イメージした自分の紫陽花が形になっていきます。

素敵なみんなの紫陽花、出来上がったら飾ろうね。

お弁当後のプライベート映画会(年長児)                2019/06/12(水)

幼稚園では時々映画会をします。

年長児の使っているホールで映画会をするので、

年長児が年少児と年中児にも声をかけてしています。

この日、保育後に使用するプロジェクターが置いてあるのを見た年長の男の子達、

好んで見ている図鑑の付録DVDを見せてほしいとリクエスト。

プロジェクターの設定確認の試写もあり、

”鳥”のDVDを上映すると、映像を見ながらその図鑑を開いていました。

難しそうな内容にも関わらず、愛読図鑑ということもあり面白かったようです。

お弁当後のプライベート映画会は内容を変え、その後も続きました。

ミミズとの出会い(年少児)                       2019/06/12(水)

「先生、来てー、何かいる。」

そこには丸々と太ったミミズの姿が。

『ミミズがいるところは土が元気なんだよ。』と教えられ、

指先でそーっと触るとプニュプニュの感触。

ミミズを囲んで 楽しそうな子ども達でした。

バッタにコオロギ(年長児)                      2019/06/11(火)

季節が移り、カラスノエンドウでいっぱいだった南の庭の様子も変わりました。

少し背の高い穂のある草が一面に生えています。

植え込み花壇の煉瓦まわりをじーっと見ると、

いたるところでピョンピョンと跳びはねるものがあります。

それはこの春に生まれたバッタ達。

煉瓦の上には小さなコオロギが動き回っています。

バッタは捕まえることが出来ましたが、素早く動くコオロギは捕まえられません。

秋口になると大きく成長したバッタ達をよく見ますが、

春に誕生したバッタ達の姿は新発見でした。

紫陽花さんぽ(年少児)                        2019/06/11(火)

季節を感じる植物”紫陽花”。

この季節は散歩に出かけると

行く先々で色とりどりの紫陽花が目に飛び込んできます。

「あー、ピンクだ!」

「青だ!」と楽しむ声が聞こえます。

「花きれい。」と話す子ども達。

『これは花ではなくて、萼(がく)なんだよ。』と教えてもらったり、

萼の枚数を数えたり、葉の形をみて楽しみました。

親子で運動を楽しみました。(全園児)                 2019/06/08(土)

”園児と保護者の集い”の行事を行いました。

親子体操やゲームを嬉しそうにしている子ども達、

保護者の綱引きでは自分の席から一所懸命に応援しました。

折り紙で作った家に。(年少児)                   2019/06/07(金)

この週は三角形・四角形の折り紙を組み合わせ

出来上がった家を画用紙に貼り、

クレヨンで好きなように描き込みました。

「見て見てー。お日様ー。」

「緑のきゅうり、紫のきゅうり。」

描いたものを嬉しそうに見せてくれました。

何やら楽しそうに集まっている子ども達(年長児)            2019/06/07(金)

男の子達が円く集まって何かを相談しています。

色々な意見があるようで長いこと話し合っています。

”氷鬼”、”変わり鬼”、”増やし鬼”等の鬼ごっこが好きな子ども達。

ルールもその時々で変化をつけて楽しんでいますが、

この時は自分たちで新しい遊びを考え、進めているようでした。

上手くいかないところは遊びながら調整していました。

大船カトリック幼稚園の年長児がやって来た。(年長児)         2019/06/06(木)

同じ学校法人の幼稚園のひとつ、

大船カトリック幼稚園の年長児達が遊びにやって来ました。

逗子海岸へ散歩に行き、おやつを食べたり海岸で遊んだりしました。

まだ引き潮気味の砂浜を掘って水の溜まるところを作り、

水路をつなげ水の流れを作ったり、貝殻をいっしょに拾ったり。

お弁当を食べて、その後も少し遊ぶことが出来ました。

身につけて嬉しいマントにスカート(年少児)              2019/06/06(木)

赤い布を身につけて

「スーパーマンなんだ!」と車を運転したり、

エプロンやスカート、ぬいぐるみやカバンを持ったり

色々なものになるのが大好きな子ども達です。

色々なお店屋さん(年少児)                      2019/06/06(木)

友だちとの関わりが増えている3歳児。

食べ物のおもちゃを使ってレストランごっこ。

先生の手も必要だけれど、

お店作りは自分たちのアイディアをもって

積み木を並べたり積み重ねたりしています。


お客さんとお店屋さんの役に分かれて、

「はい!牛丼です!」とお茶碗を差し出したり

「何にしますか!?」と注文取りをしたり。

生活の中で見聞きして覚えたことを

子どもなりに表現しているのが可愛らしく、

心がほっこりする時間です。

想像の世界で遊んでいます。(年長児)                 2019/06/05(水)

誰が言い始めたのか、

”トイレのはなこさん”で喜び盛り上がる子ども達。

現実と非現実を理解した上で

怖がるのではなく、非現実世界の共有を面白がっています。

そのうちに話は別にそれ始め、

身の回りの”あれっ”や”何か違う?”と思えることを見つけては

幼稚園の謎として手帳に書き始め、

果ては「タヌキの仕業」にまで発展しています。

泥だんご、ピカピカになってきたよ。(年中児)              2019/06/05(水)

毎日のようにコツコツと磨いてきた泥だんご。

艶が出てきて、ピカピカするようになりました。

一見小さな事に見えますが、ピカピカにするには

力加減や毎日続ける継続力、集中力が必要です。

まわりの友だちも刺激を受け、一層磨きに力が入ります。





磯の生き物に大興奮!でした。(年少児・年中児)        2019/06/04(火)

潮が引いて逗子海岸に磯が現れる日に合わせて、散歩に行きました。

潮だまりをピョンと跳んで楽しんだり、

初めて見るヤドカリやカニ、潮だまりに残る小魚に子ども達は大興奮!

自分の目の前に広がるいつもと違う海の様子に夢中になりました。

iso
iso
iso
iso
iso
iso




水を運んで行ったり来たり(年少児)                   2019/06/03(月)

自分のしたい遊びにのめり込んで夢中になっている年少児。

これと思う砂場道具を籠から出して、

思い思いの場所に座り込んで遊び始めます。

水を運ぶのも上手になり、蛇口を回して水を出し、

両手でバケツを持ち上げて 砂場と水場を行ったり来たりです。

nach oben