聖マリア幼稚園

聖マリア通信 9月

運動会をしました。                          2017/09/30(土)

子ども達が楽しみにしていた運動会。

飾りつけをされていつもと違う園庭の様子に、登園した子ども達が立ち止まり、見とれている姿も。

運動会では家族の声援を受けて、見てもらえる嬉しさや見てほしい気持ちから、

がんばり粘る気持ちも強まり、いつも以上に自分の力を発揮しました。

練習の時とは一味も二味も違う子ども達の表情やその力。

本番に発揮される子ども達の力強さが見ている側に伝わり、心に響く運動会となりました。



雨の一日                               2017/09/28(木)

この日は朝から大雨。

室内で運動会のダンスを確認する学年もありましたが、

普段の活動をそれぞれにし、午後は映画会をして過ごしました。

みんなにとってどこかリフレッシュしたような時になりました。



甘い葡萄の香り                            2017/09/22(金)

幼稚園敷地の一画にはあまり目にする事がなかった葡萄棚があり、

夏の終わりから甘い葡萄の香りを漂わせていました。

収穫、というほどのものではありませんが、房から実をとって味わいました。

香からも甘さを感じていたのですが、口に感じた味は甘さの一言。

完熟し、糖度はかなり高くなっていたようです。

年中組の中には集めた葡萄をつぶし、絞り出し、その果汁をみんなで少しづつ味わった子ども達も。

葡萄の甘さに喜ぶ子ども達でした。



人形劇(年長)                            2017/09/22(金)

子ども達は日々色々な遊びを楽しんでいますが、

年長組では人形劇を楽しむ姿が見られます。

演目はブレーメンの音楽隊。

人形を動かす事に楽しさを見出す子どももいれば、お客さんになってみる事が楽しい子どもも。

同じ遊びでも楽しさのツボはそれぞれです。



ミニロザリオを使い、お祈りしています。(年長)            2017/09/22(金)

ロザリオはカトリック教会においてマリア様に向けて祈る時に使う数珠です。

マリア様の象徴として用いられる花にユリとバラがありますが、

祈りがバラの花束になって届けられるということから、ロザリオと名付けられたそうです。

そしてカトリック教会では10月をロザリオの月として定めています。

10月には少し早いですが、それに合わせて子ども達はビーズで自分のミニロザリオを作りました。

マリア像の前でロザリオを手にして、それぞれの意向で祈る子ども達の姿がみられます。



チョキチョキ、焼きそば作り(年少)                  2017/09/20(水)

ハサミの使い方が少しずつ上手になってきた年少児たち。

この日は紙を細く切って焼きそばを作りました。

チョキチョキ、チョキチョキ、手を動かしてどんどん切っていきます。

出来た焼きそばを画用紙に貼り、キャベツや紅ショウガも飾って、

美味しそうな焼きそばができました。


手紙を持って郵便局へ(年長)                     2017/09/15(金)

18日(月)は敬老の日。

数日前、年長組の子ども達はそれぞれの祖父母に宛てて手紙を書きました。

年長児になると知っている字も増え、自分で書ける字もあります。

知らない字は書いてもらったり教えてもらいながら、伝えたい言葉を手紙にします。

「ありがとう」「元気でいてね」「遊びに行くね」等の言葉に絵も添えました。

そして週末の金曜日に封筒を手にし、近くにある郵便局のポストまで投函しに行きました。

「いつ届くのかな?」「なんて思ってくれるかな?」「喜んでくれるかな?」

そんな気持ちでいっぱいの子ども達でした。



蟹の世話(年長)                           2017/09/15(金)

この週の水曜日の朝、年長の男の子が裏門近くで蟹を見つけました。

大きく立派な蟹の姿に、子ども達はすぐに逃がす気になれずしばらく世話をする事にしました。

命を預かるという事はちゃんと世話をする責任があります。

子ども達はケースの中の住環境を整えたり、家から餌になりそうなものを持ち寄ったり、

蟹のために何が必要かそれぞれに考えます。

そして金曜日。まだ飼っていたいけれど、話し合いの結果、蟹を放してあげようと決めました。



バッタや蝶、トンボに夢中(全園児)                  2017/09/14(木)

2学期になると幼稚園の庭で出会う虫も1学期とは違ってきました。

1学期はもっぱらダンゴムシやワラジムシが多かったのですが、

このところは子ども達にとってバッタが大きな存在感を放っています。

年少児たちもピョーンと跳んで行ってしまうバッタを追いかけて、

手のひらを一所懸命に広げて捕まえようと頑張ります。

捕まえるとすぐにケースに入れて、とても満足気に友だちと一緒に眺めています。

「捕まえた!」という高揚感を友だちと共感し合う瞬間です。

そしてまた次のバッタを捕まえ、ケースはバッタだらけに。

逃がす時は名残惜しそうな様子です。



運動会に向けて(全園児)                 2017/09/11(月)~ 15(金)

9月下旬に行われる運動会に向けて、毎日少しずつ練習や準備が進められています。

普段の保育の中で経験しているものが競技として構成されているので、

子ども達にとっては普段通りの活動とそれほど大きな違いはないのですが、

運動会となると気持ちや期待感は高まります。


年中児のダンスを
見つめる年少児たち

音楽のリズムを
楽しみながらダンス

運動会の入場門を
年中児が作ります。

年長児のダンスは
グループで構成


楽しみにしていたかき氷(全園児)                   2017/09/08(金)

サマースクールにするはずだったかき氷。やっと行うことが出来ました。

8月下旬から気温が下がり、かき氷には寒い日々が続きました。

夏の暑さとは違うものの、かき氷を食べるにはまずまずの天気と暑さ。

好きなシロップを選んでかき氷を注文します。

イチゴとブルーハワイは毎年人気がありますが、今年はメロンも人気の味でした。



小学校の作品展を見に行こう(全園児)                 2017/09/08(金)

幼稚園に連なる小学校で夏休み制作の作品展をしています。

小学校校舎内の作品展会場にクラス単位で行ってきました。

まず子ども達の目には色々な乗り物や家が飛び込んできます。

何でも触ってみて確かめる所のある子ども達ですが、”作品には手を触れない”約束をしていますから、

その分、展示作品に吸い付くようにじっと見てまわります。

バスや船にレーシングカー、中には甘い香りのする綿菓子のような乗り物もあり、

その作品の前にしゃがみこみ、中々その香りから離れられずにいる子どももいました。

ビー玉迷路作品の部屋では、ビー玉が転がる路を作品に触れず指先でたどっている姿もありました。

目にも心にも良い刺激を小学生からもらえた、夢のような場所でした。



お化け屋敷(年中)                          2017/09/07(木)

今週の始め頃からお化け屋敷ごっこが始まりました。

最初のうちは電気を消して、薄暗い部屋で雰囲気を楽しんでいたのですが、

そのうちに積み木や布でトンネル状のものを作り、中にお化けの絵をペタペタと貼り付け始めました。

いっしょの遊びをしていても楽しみ方はそれぞれで、中を通り抜けるのが楽しい子どもや、

お化けの絵を描いて貼り付ける事、お客さんが中に入る時に印(チケット代わり?)を付ける事等、

みなそれぞれの立場で遊びに参加し、お化け屋敷ごっこを楽しんでいました。



蜜を吸いに来た蝶(年少)                       2017/09/05(火)

年少組の女の子が庭の花壇を飛んでいる蝶を見つけ、あとをついて回ります。

蝶は花壇の花の上をヒラヒラと飛び回り、花の蜜を吸っています。

蝶が花にとまり動かなくなると子ども達の方もその場で動かなくなり、

蜜を吸っている姿をじっと見つめています。

蝶がどこかへ飛んで行ってしまうと、ハッとしたように遊びに戻っていきました。



夏休み明けの成長(全園児)                 2017/09/04(月)~ 07(木)

子ども達は日々成長していますが、この時期にもそれぞれが育っているのを感じます。

身の回りの物事に向かっていこうとする気持ちに、力強さが少し増してきたようです。

今週の天気は雨の予報が多かったけれど晴れている時間も多く、外でも沢山遊べました。

バケツの中で砂と水をトロトロにかき混ぜあわせて、「チョコレートができました!」と笑顔。

そしてこの時期はあちこちでバッタを見つけられます。ケースを片手に草のある所を探し回ります。



2学期がスタートしました。(全園児)                 2017/09/01(金)

夏休みが終わり2学期の始業日をむかえました。

始業日前の4日間にはサマースクールが行なわれていたので、園生活は既に始まりつつありましたが、

あらためて始業式を教会聖堂で行い、楽しかった夏休み中の見守りやお恵みに感謝し、

2学期にもみんなが元気でありますようにお祈りしました。


サマースクール中に予定していたかき氷は、雨と気温の低さから延期しています。

子ども達が楽しみにしているかき氷は、天気の様子をみて近日中に行う予定です。

nach oben