聖マリア幼稚園

聖マリア通信 5月

こんなところで再会しました。(年長児)                2019/05/30(木)

南の庭に近いところで、草をかき分け虫探し。

ダンゴムシに混じってそこにいたのは

小さく黒いカエルでした。

1匹だけではなく、2~3匹います。

どうやらみんなで観察していた

あの南の池のカエル達のようです。

「こんなところにいたんだー。」

思ってもいないところでの再会に

ビックリするやら嬉しいやら、でした。



それぞれの部屋で(年長児)                    2019/05/29(水)

段ボール壁と積み木とマットで

ベンチの上にマットを敷いて、

段ボール壁でぐるりと囲んだ空間。

積み木も運び込み、その上を渡ったり座ったり。

居心地の良い空間は 日ごとに形が変わります。

毎日お化け屋敷

ふとしたことから始まったお化け屋敷遊び。

机を並べて布をかけ 中の通り道を薄暗くして、

中を進む友だちを 外のお化け役が脅かします。

続けるうちに 色々と工夫も生まれました。





テラスでお弁当(年中児)                       2019/05/29(水)

先日、隣の部屋の年長児達が

2階テラスでお弁当を食べているのを見た年中児。

「いいなー、いいなー。」

と羨ましそうに言っていた年中児達も

この日は自分たちがテラスでお弁当です。

いつもと違うところでのお弁当は

いつも以上に楽しい気分になりました。


それ、誰?(年長児)                         2019/05/28(火)

毎日収獲している桑の実。

子ども達が採った桑の実は

ほとんど自分で食べていますが、

”友だちにも分けてあげたい”と

桑の実を集めていた年長の男の子。

そのうち仲間が増えてみんなで集め始めました。

先生の『冷蔵庫で冷やすと美味しい』の言葉に

「冷やす!!」全員一致の子ども達。

『一目散に冷やしてくるね。』の言葉に

「誰?イチモクさんって。」


普段であれば”急いで”等の言葉で伝えるところですが、

会話の相手は年長児。

いつもと違う言葉を知る楽しさを意図しての

”一目散”でしたが、人の名前に聞こえるとは…、予想外でした。

でも、会話の中で知らない言葉に敏感に反応したのは

さすがに年長児だけのことはあるなぁ、とも感じた瞬間でした。

シャボン玉とんだ♪(年少児・年中児)                 2019/05/27(月)

シャボン玉の歌を歌っている年中組。

天気も良いので、園庭の一角でシャボン玉を始めました。

久しぶりのシャボン玉。

吹いて作るのはまだ少し難しいので、

枠を使ってシャボン玉を作ります。

風もほどよくあり、次々にシャボン玉が風に乗って園庭をとんでいきます。

近くにいた年少児達も一緒に入れてもらい、

何度もシャボン玉を作っていました。




遠足に行ってきました。(全園児)                   2019/05/23(木)

披露山公園まで遠足に行ってきました。

子ども達の足でおよそ30分位の道のり。

年少児は年長児に手を繋いでもらい歩きます。

途中の大きな坂では フウフウ言いながら一所懸命に登り切りました。


公園に着いて 園内を一回り見て歩き、その後自由に遊びます。

「あずき、えだまめ、ピーナッツ、みんな豆だ!」

猿の名前紹介を見て 年長児が名前の付け方に気付きます。

羽を広げた孔雀を見ていた子ども達、

突然叫び始めた孔雀の声の大きさに ビックリして思わず後ずさりです。

お弁当の後はおやつの時間。

帰るまで そのままおやつを食べ続ける子ども、

遊びに行く子ども、それぞれ思い思いに過ごしました。


帰り道は山下りです。

足取りもしっかりと園まで帰ってきました。




クルクル回れ!(年中児)                       2019/05/22(水)

作った風車を手にして嬉しそうな年中児達。

向きによっては風がよくあたり、

立っているだけでもクルクルと回ってくれます。

2階テラスの端から端まで

タッタッタッタッ、と風車を手にして

行ったり来たりしていました。


壁で囲めば大丈夫(年長児)                      2019/05/22(水)

この日もカプラを始めた子ども達。

少し離れているけれど ボールで遊んでいる友だちがいるので、

ボールが転がってきたら大変、と

段ボールの壁でまわりを囲みました。

この日はみんなで協同しながら積み上げていました。

自分独りで積み上げる楽しさもありますが、

みんなで相談して積み上げていく楽しさもあります。

倒れてしまっても、

「わーっ!」と同じトーンで叫び、それもまた嬉しそうです。



大雨のいち日(全園児)                         2019/05/21(火)

この日、逗子市は朝から大雨警報が発令され、

幼稚園は自由登園になりました。

いち日 本当によく降り続け、強風に吹かれる木々をみて

思わずその様子に見入ってしまうこともありました。

雨のいち日、室内でのんびり過ごしました。


一緒にお弁当(年少児・年長児)                    2019/05/20(月)

年少児と年長児で園外を散歩しました。

戻ってきてから 今日は初めて一緒にお弁当を食べました。

年長児がゴザを敷いて準備したところに、

年少児がやって来ました。

隣り合って一緒に座りながら、

年少児が難しいところを手伝う年長児達でした。


休み明けの桑の実(全園児)                      2019/05/20(月)

誰にもとられず 週末の2日間で熟していたたくさんの桑の実。

さっそく桑の木の下に子ども達が集まっていました。



桑の実が食べられる季節になりました。

今年は枇杷とともに良い実りの年。

しっかり色づくと甘く美味しくなりますが、

それまで待ちきれず、色づき始めると食べてしまいます。

それでも「美味しい」と季節の味に喜ぶ子ども達です。

ピカピカ泥だんご作りたい(年中児・年長児)              2019/05/17(金)

年中の女の子がピカピカの泥だんご作りを始めました。

まだ磨く段階までいっていないので、ピカピカにはなっていませんが

原石のような泥だんごです。

それを見た他の子ども達も作りたがり、泥だんご作りが始まります。

「土選びが大事」

園庭は一面砂で覆われているので、その砂をかき分けて

その下の土を掘り出し、水を加えて練り、形を整えていきます。

ピカピカ泥だんごは1日では作れません。

乾燥させて、毎日磨きピカピカになります。

ピカピカを目標に、手の中で大事な泥だんごを握る子ども達です。




ノンストップ滑り台(年長児)                     2019/05/17(金)

「見て!見て!止まらない!」

3つある滑り台のうち一番長い黄色の滑り台。

途中に平らな部分があり、そこで一度スピードが落ちて

止まってしまうのがほとんどですが、

一度も止まることなく、下まで滑り降りてきた男の子。

見ていたみんなも同じようにしてみますが、真ん中で止まってしまします。

足先を滑り台から少しうかしてみたり、

布をお尻に敷いてみたりしますが 中々止まらず滑りきることが出来ません。

色々と試した結果、

「たぶん滑るズボンなんだ。」

とのみんなの結論にいたりました。




水の重さ(年少児)                          2019/05/17(金)

砂場に水を流し入れて、水と砂を混ぜてよく遊んでいる年少児。

バケツに運べるだけの水を入れて、

コーン型の砂場道具の広い口に水を流し込み、

先端の細い口から滝のように水が注ぎ込まれるのを楽しんでいます。

片方の手で砂場道具を持ち、もう片方でバケツを持ちます。

でも、水を沢山入れたバケツが重すぎて

片手ではバケツを持ちきれず、上手く注げません。

バケツを両手で持つために、砂場道具を砂場にさして水を注ぎますが、

水を出す口が砂で栓をされている状態なので、

水が溢れて倒れてしまい これも上手くいきません。

側にいた友だちが倒れないように支えてくれ、少し上手くいきました。

それぞれが自分の思いで動いていましたが、いっしょにする姿がありました。



ホールの仕掛け時計

長い針が12を指すと オルゴールと共に人形が出てきて

時間毎の音楽を奏でます。

最後に その時間の数だけ鐘が鳴り、戻っていきます。

人形が出てくる度に じっと耳を傾け 眺めています。

みんなでお散歩(全園児)                       2019/05/17(金)

水筒とおやつを持って、みんなで逗子海岸まで散歩に出かけました。

年少児は年長児に手をつないでもらい歩きます。

海岸まで初めての年少児もとても上手に歩きました。




この日の海岸には大きな坂
砂の坂道下って登って面白い

海岸に着いて水分補給と楽しみにしていたおやつで一休み。

久しぶりのおやつ時間に 嬉しい顔の子ども達。





海岸では波打ち際で波を見たり、貝殻を袋いっぱいに拾い集めたり。

桜貝も見つけました。



砂を海岸の端から反対側の端へ運んでいる大きな工事車両が 波打ち際を行ったり来たり。

めったに見られない様子と工事車両に釘付けの子ども達も。


砂に刻まれたキャタピラー痕
のった時の足裏の感触の楽しさ

波打ち際をゆっくり動く車
水しぶきをあげて動きます

静かになった池(全園児)                        2019/05/16(木)

雨が降り続いた火曜日から 1日空けた木曜日。

これまで賑やかだった池が静まりかえっていました。

静かな水面にわずかなカエルが残るばかり。

池から出て行く時期のカエルを直に見られた事は

子ども達にとって貴重な経験となりました。

なんて有難いお言葉(年少児)                     2019/05/16(木)

”走る走る そしてジャンプ♪” 「ぴょーん!」(飛び跳ねる)

”走る走る そして座る♪” (座り込む)

”走る走る そしてこける♪” 「あ~っ!」(転ぶ真似)

年少児と年長児が曲に合わせて体操やダンスを楽しんでいた時、

”こける”のフレーズに転ぶ真似をする先生へ声をかけた年少の女の子。

「だいじょうぶ?」

動作のひとつだったのに「だいじょうぶ?」の一言。

その後も転ぶ真似をするフレーズになると

「だいじょうぶ?」の言葉。

年少児だからこその言葉だと思いますが、

その一言に”ほわっ”が胸に広がりました。

クルクル回って面白い(年中児)                     2019/05/16(木)

年中児が造形の時間に作ったたこ。

紙コップに切り込みを入れて、マジックで色塗り。

糸をつけて持って歩くとクルクル回ります。

風が吹くだけでも回り、その動きに大喜び。

広い園庭に出て、夢中で走っていました。

ピタゴラスイッチ?(年長児)                     2019/05/16(木)

4月から遊んでいるボール転がし。

この日、スタート地点に板で幅広い下り坂を作りました。

転がる先のコースはふたつ。

ひとつのコース上にはボールが沢山並べられています。

上手く当たると並べたボールがコロコロと転がるはずですが、

手から離れたボールは思った方向にいってはくれません。

転がるボールの動きをコースの側に座り込んで観察する子どもも。

相談しながらコースの調整を繰り返していました。






写真の通り作りたい!(年長児)                    2019/05/15(水)

年長児達が楽しんでいるカプラ。

組み立て例のお手本写真に見入り、

「これが作りたい!」と見よう見まねで作り始めます。

写真は一方向からしか写っていないため、

見えないところは想像と推測の世界です。

意見の衝突もしながら、友だちと知恵を合わせて挑戦です。



色遊び、変わる色(年少児)                      2019/05/15(水)

お弁当を食べ終わった昼下がり。

絵の具で色遊びを楽しみました。

大きな紙に筆でペタペタと色付けをし、

紙の上で違う色の筆を動かします。

「色が変わったー。」

色が変わっていくのに喜んで、

色を変えては 混ぜ合う色の変化を試します。

翌日もその続き。

紙を小さくして 1人ずつの画用紙に自分の色作りをしました。



何かいる!(年少児)                         2019/05/15(水)

雨上がりの園庭の隅の水溜り。

遊んでいた子ども達、ふと気が付くと 何か動くものを発見。

「先生、何かいる!うにゅうにゅしてる…。」

そこにいたのは花壇から這い出てきたミミズ。

「ちょっと触ってみる?」

「えー、やだぁ。」

それでも”ちょん”って触って、

生き物と触れ合う可愛い姿がありました。



おにごっこ?とは違います(年長児)                  2019/05/14(火)

ホールの中を走り回る子ども達。

園長先生と一緒にキャーキャーと歓声をあげながら

追いかけたり、追いかけられたり。

園長先生に捕まると持ち抱えられて大喜びでした。




人形劇!?(年少児)                          2019/05/14(火)

両手に人形を持って遊んでいる年少児達。

「(舞台代わりの)マットを立ててみる?」

その誘いに喜び、乗り気の子ども達。

さっそく楽しそうな話が始まり、

面白い人形劇ごっこになりました。

走る楽しさ(年少児・年長児)                     2019/05/13(月)

年少児が何か新しいことをする時に

まず年長児が先にやって見せる事がよくあります。

この日はいっしょに体操やダンスをした後、かけっこをしました。

先に走って見せた年長児が走るコースの縁に座り、コースをわかりやすくします。

初めてコースに沿って走る年少児達。

円周に座る年長児の声援を受けて嬉しそうに走りました。






カラスノエンドウの豆(年長児・年中児)                2019/05/07(火)

寒さがもどることもあるけれど、

暖かい日が続き、草木が伸び始め庭が賑やかになっています。

カラスノエンドウの花が咲き終わった後には

豆が沢山なっています。

「食べられる?」思わず素直に聞く子ども達。

手にしたビニール袋いっぱいにとった豆を入れて大喜び。

この週は夢中で集めている子ども達の姿がありました。




池はカエルとオタマジャクシでいっぱい。(全園児)           2019/05/07(火)

GW明け、

「オタマジャクシ、どうしたかなー?」

南の庭の池に行ってみると、

オタマジャクシに尻尾は残るものの

手足が生えている姿に成長していました。

それから毎日成長の様子を見に行く子ども達。

オタマジャクシも日に日に成長し、カエルの姿になっていきます。

池の縁には、外の世界に出るタイミングを待っているのか

小さなカエルがしがみついています。

その数は日ごとに増していき、

とうとう1匹のカエルが池から出てきました。

ぴょん、ぴょん、ぺたん。

初めて飛び跳ねたカエルの姿、その瞬間に立ち会った子ども達。

なんとも言えない気持ちが心に生まれました。




nach oben