聖マリア幼稚園

聖マリア通信 5月

逆上がりと縄跳び(年長児)                       2018/05/31(木)

年中組のときから取り組んできた逆上がりに縄跳び。

出来て嬉しい気持ちとともに 楽しさや面白さをより感じている様子。

上達してきた友だちの姿を見て、互いに意欲を高め合っています。


惹きつけられる段ボールの空間(年中児)                 2018/05/31(木)

子ども達は狭い空間が大好きです。

4月に行われたマリアバザーでの段ボール迷路に使われた

大きな段ボールを遊びの場でも楽しんでいます。

まわりを囲まれ どこか落着く空間です。

中と外を行き来しながら 色々な遊びを楽しんでいます。


小さな達成感の喜び(年少児)                      2018/05/30(水)

年少の女の子が 椅子を片付けるのに

積み重ねようとしている姿が目にとまりました。

椅子の脚を合わせれば すんなり重なるのですが、

慣れないうちは 中々上手くいかない事もあります。

この女の子も まだ上手く重ねられませんでしたが、

自分でやろうとするところだったので、そのまま様子を見守っていました。

でも 脚がひとつ引っ掛かってしまいました。

女の子の困った様子が伝わります。

(手助けが必要かな?)近づこうとした瞬間、

持っていた椅子の向きを変え、自分の力で椅子を重ねられました。

女の子は思わず顔をあげて まわりに視線をやります。

見守っていた先生と眼が合い、喜びを共感し合いました。

小さな出来事ですが、自分自身の力で出来た達成感は

その子どもにとって 自分への大きな喜びと成長への一歩になってくれます。


紫陽花とカタツムリ(年少児)                      2018/05/29(火)

前の週に絵の具スタンプで色付けした紫陽花の花。

折り紙で折ったカタツムリといっしょに

画用紙に糊で貼って 一枚の絵にしました。

まだ糊を使い慣れないながらも、

ペタペタと貼り付けていました。

20180522
20180522
スタンプで色が付く面白さ
何度も繰り返す スタンプです


ミニロザリオを作りました。(年長児)                  2018/05/28(月)

ロザリオというのは 聖母マリアへの祈りに使う数珠の事です。

一つひとつの珠がバラの花にたとえられ、

祈りがバラの花束になって届けられるとされています。

本来のロザリオは50以上の珠から出来ていますが、

子ども達が作ったのは11の珠で成るミニロザリオです。

ビーズの色を自分の好きなように選び、

大小のビーズを順番に糸に通して作りました。

最後の仕上げを先生がするので、出来上がりを楽しみに待ちます。


遠足に行きました。(全園児)                      2018/05/25(金)

楽しみにしていた遠足に出かけました。

山の上にある公園までは 歩いて30分程の距離です。

公園には遊具の他に動物もいるので色々な楽しみがあります。

猿やうさぎ、モルモット、烏骨鶏はこの春に生まれた赤ちゃんが見られました。

「かわいーい。」とにこやかな表情でその様子を見つめています。

遊んだ後は お弁当と楽しみにしていたお菓子の時間。

初めての遠足だった年少児達も、

それぞれに年長児が手を繋いで一緒に歩いてくれたことで

行き帰りの道を自分の足で歩き通すことが出来ました。

天候にも恵まれた遠足となりました。


いっしょに食べよう。(全園児)                     2018/05/22(火)

この日のお昼はクラスごとではなく、他の学年やクラスと一緒にお弁当です。

年少児は部屋まで年長児に迎えに来てもらい、

お弁当を食べる2階のホールまで 手を繋いで連れて行ってもらいました。

年長児と年少児の組合せの相手は特に決まっていないので、

いっしょに活動するたびに組合せが変わり、出会いが広がっていきます。

年中児は年中児同士、2クラスが一緒にお弁当です。

お弁当後、その日の組合せのまま 一緒に遊ぶペアもいました。

20180522
年長児が年少児の隣に座り、
世話をしながら楽しく食べます
20180522
ポットから麦茶を入れるのを
隣でじっと見守る年長児です

何の幼虫?(年長児)                          2018/05/18(金)

飼育ケースを真ん中にして、男の子たちが話し合っています。

ケースの中に入れられた一匹の幼虫。

おそらくヨトウムシだと思われますが、

実際の所、幼虫の正体が何であるかは大事ではないらしく、

「毒虫だ!毒があるから気をつけろ!」と

”危険な生き物を手にしている自分達”の世界観を楽しんでいました。

20180518

みんな揃って海まで散歩(全園児)                    2018/05/18(金)

今年度 初めて海までの散歩。

年少児は年長児に手を繋いでもらって歩きます。

海岸に着いたら 楽しみのおやつタイムです。

美味しく食べた後、ひとしきり砂浜で遊びました。

寄せては返す波の動きに合わせて、歓声を上げている子ども達、

たくさん打ちあげられた貝殻を拾う事に夢中な子ども達、それぞれに楽しみました。

20180518
20180518
20180518



かくれんぼって、楽しい!(年少児)                   2018/05/15(火)

最近、楽しさを知り始めたかくれんぼ。

隠れる側と探す側の好きな方に分かれて、かくれんぼを始めました。

隠れる側は急いで隠れる所を探し、息をひそめてじっとします。

子ども達だけで数えるのはまだ難しいだろうからと、

「少ししたら、”もういいかい”って言ってね。」と言葉を残し

陰に隠れて鬼たちの様子を見守っていた先生。

でも、目隠しをした鬼たちは 声を揃えて1~10まで数えていました。

生活の中でいっしょに10まで数えているけれど、

上手に数える子ども達に、とても驚いた光景でした。

繰り返し楽しんでいる かくれんぼあそびです。

20180515
「もういいよー!」
子ども同士で始めたかくれんぼ

いっしょに遊ぶ事の楽しさ(年少児)                   2018/05/15(火)

園生活にだいぶ慣れ、活動範囲を広げながら新しい事に取り組んでいる年少児達。

遊びの様子も少しずつ変わってきています。

面白そうな事があると みんなが一度に集まるので、ぶつかり合う事も多いけれど、

自分の行動に気付いたり、相手を受け入れられるようにもなってきています。

けんかをする事があっても、友だちと一緒に遊ぶ楽しさがよくわかるようになってきました。

20180515
20180515
20180515

枝豆とインゲン豆(年長児)                       2018/05/15(火)

年長児達が枝豆とインゲン豆の栽培を始めました。

詳しくは栽培便りをご覧下さい。


ハーモニカ、始めました。(年長児)                   2018/05/14(月)

年長組になるとハーモニカを覚え始めます。

これまで経験してきた主な楽器は、

カスタネット、タンバリン、トライアングル、鈴等といった打楽器でした。

楽器はそれぞれの音色があり、音の感触や響きが違います。

ハーモニカは今まで経験してきた楽器と違って、音の並び順である音階があります。

吹いたり吸ったりすれば音が出るハーモニカですから、

最初のうち、子ども達はプカプカと好きなように音を出していました。

音階や音の出し方を教えてもらい、基準であるドの音をみんなで吹いてみました。

自分が出す音に耳を傾け、きれいな音が出ているかを確かめます。

この日覚えた音はドだけでしたが、これから少しずつ他の音を覚えていきます。


キュウリ(年少児)                           2018/05/10(木)

連休後 やっと雨が上がり、久しぶりの晴れ。

この日、年少児達はキュウリの苗を植えました。

この続きは栽培便りをご覧下さい。

20180510

20180501

狙いを定めて。(年中児)                        2018/05/09(水)

連休明けから3日間、雨が続きます。

雨の降る日は室内のあちらこちらで、色々な活動や遊びが見られます。

年中組のボーリングもその一つで、

年少時代から楽しんできた遊びです。

ピンに見立てた大型ブロックを立てて並べ、

順番にボールを転がし倒しています。

ボールを転がしてピンを倒すのを楽しく感じる子どももいれば、

倒れたピンを立て直すのに面白さを見出す子どももいて、

何となく遊びの中で役回りが形づくられていきます。

転がすスタート地点からピンまでは5~6mの距離。

真っ直ぐ転がすのも結構技術が必要で、

ピンの立っている方向をしっかり見据えて転がします。

20180509

マリア祭を行いました。(全園児)                    2018/05/09(水)

幼稚園の名前にも頂いている聖母マリア様。

カトリック教会では5月を聖母月に定めています。

いつも見守って下さるマリア様、

信頼と感謝の気持ちをもって、歌や祈りに花を捧げました。












nach oben