聖マリア幼稚園

聖マリア通信 10月

秋の遠足 (全園児)                          2018/10/31(水)

秋晴れの穏やかな天気。

秋の親子遠足に出かけました。

目的地は動物園。

楽しい1日となりましたね。

20181031
20181031
20181031

海でのんびり(年中児)                         2018/10/26(金)

昨日に引き続いて気持ちの良い天気が続いています。

この日は年中組が海岸散歩を楽しみました。

人もまばらでのんびりとした雰囲気。

久しぶりのおやつに笑顔の子ども達です。

打ち上げられた”タコノマクラ”を見つけ

その花のような模様には みんなで不思議に感じたり、面白がったり。

砂浜を走り回っての鬼ごっこは 足腰を沢山使いました。

20181026
20181026
20181026
タコノマクラはウニの仲間
小さいのでハスノハカシパン?

鉛筆削りって、楽しい!(年少児)                    2018/10/26(金)

このところ色鉛筆をよく使っている年少児達。

これまではクレヨンを使っていましたが、

色塗りが細かくなってきたので、色鉛筆も使うようになりました。


クレヨンと違って 色鉛筆は使い続ければ出ている芯が減り、色は出なくなります。

クレヨンとの違いに 何となく気づいた年少児。

そこへ先生が持ってきたものは、鉛筆削り。

鉛筆削りをあまり見たことがない子ども達は、興味津々。

削り方を教えてもらい 自分でもやってみますが、

片手でグルグルとハンドルを回しながら、

もう片手で鉛筆削りをしっかり押さえる 手の分業作業に 最初のうちは四苦八苦。

削り上がった色鉛筆の尖り具合に すっかり面白くなった子ども達は、

次々と鉛筆を削りたがり、削る必要のないものまで 削ってしまいそうな勢いでした。

20181026

年長組の部屋から聞こえる2つの音(年長児)               2018/10/26(金)

年長組の部屋であるホールから 2種類の音が聞こえてきます。

1つは木琴の音色。

日頃からメロディーラインのある楽器を使っている年長組。

音の名前や並び方を覚えてくると、

音を拾いながらハーモニカ、ピアニカ、木琴で

簡単な曲が演奏できるようになります。

誰かひとりが始めると、木琴仲間は次々と増えていきます。

それぞれが自分の好きな曲を それぞれに演奏するので、

音が混ざり合ってしまいますが、年長児達は満足そうに手を動かしています。


そしてもう1つの音の正体は羽根つきです。

羽子板に羽根が当たる時に 力チーン、力チーンと響きます。

ふたり組でしたり、ひとりでしたり、

まだまだ思うようには 当たらず続かずの段階。

思わぬ方向に飛んでいく羽根を 追いかける子ども達です。

20181026
20181026

今日はピクニック(年中児)                        2018/10/25(木)

天気予報は 終日晴れマーク。

朝から気持ちの良い秋晴れの1日でした。

お昼のお弁当は 南の芝生でピクニックしよう!と年中組。

芝生の上にシートを敷いて、青空の下で「いただきまーす!」

気持ちの良い外でのお弁当に、モグモグと食も進みました。

子ども達の集団としての育ちとともに、

2クラス一緒に過ごすことも増えてきました。

お互いのクラスを行き来して、友だち関係が深まっています。

20181025
上手になってきたドロケイ
沢山遊んでピクニックしました

秋の実りを折っています。(年中児)                    2018/10/23(火)

子ども達にとって身近な秋の実りである柿、栗、どんぐり。

この日は折り紙で柿を折りました。

少し難しい所もありましたが、丁寧に指先を動かしてなんとか完成。

また別の日に、折り紙で栗とどんぐりも作ります。

これも台風の爪痕                             2018/10/22(月)

南の庭にある夏みかんの木。

いつもだと 葉っぱが沢山ついている中に

夏みかんの実が成っているのですが、

葉っぱはほとんど落ちてしまい、

夏みかんの丸い実が 木の飾りのように下がっています。

今はまだ青い実ですが、オレンジ色に熟すのを待っています。

20181022

散歩に行かない?(年少児・年長児)                   2018/10/22(月)

朝からの良い天気をみて、

「散歩に行くけど、一緒に行く?」

「いいね。行こう、行こう。」

年長児に誘ってもらい、年少児も海岸まで お散歩に行くこととなりました。


この日は スコップやシャベル等の 砂場道具も持って行きました。

波打ち際で早速穴を掘り、波が入って 海水が溜まるように 掘り始める年長児。

寄せてくる波を自分が被らないように タイミングを見計らいながら 掘り続けます。

砂場の砂と違って、海岸の砂は粒子が細かく しかも湿っているので、

重量があり掘るのに時間がかかります。

それでも、海水が溜まる様子を見て 黙々と掘り続けていました。


別の所では、打ち上げられた貝殻拾いをする子ども達。

桜貝も見つかり、一所懸命に目をこらして 砂浜の表面を探します。

目が慣れてくると見つかりやすいのですが、

始めのうちは中々見つからず、砂浜と”にらめっこ”しているようでした。

20181022

秋の恵みに感謝!(全園児)                       2018/10/19(金)

今年の夏は台風などの自然災害が多く、

塩害等により 農作物にも大きな被害が出ています。

そんな中での秋の実りと恵みに感謝し、

みんなでお餅つきをしました。


”お餅はどうやって出来るの?”

各学年がそれぞれの視点で”餅”について触れました。

餅は米から作られる事、餅米は普段食べている米と違う種類な事、

餅米は炊くのではなく蒸すという事、等々。

お餅つき前日、生米の状態で見たり触ったりし、

年長組は米とぎの様子を見たりしました。


当日、お手伝いのお父様・お母様にご協力頂き、お餅つきを始めます。

温かな白い湯気と甘い香りのする 蒸し上がったばかりの餅米に

期待感の高まる子ども達。

目の前で餅米が搗かれて 段々お餅になっていきます。

子ども達もひとりずつ餅つきを楽しみ、

お餅も美味しく頂きました。

10月21日(日)は十三夜の栗名月。

うさぎさんもお餅をつくかもしれませんね。


20181019
年長組がコロコロと丸めた
感謝のお供え餅
20181019

おおかみさん、今何時?(年少児)                    2018/10/18(木)

日々、子ども達の経験が広がり、深まっています。

年少児達も 決まり事のある遊びを みんなで一緒に楽しめるようになっています。

”氷鬼”や”あぶくたった”、”かくれんぼ”等の決まりを理解し、

ルールを守るからこその楽しさを感じるようになっています。

この日は”おおかみさん、今何時?”の遊びをみんなでしました。

おおかみに食べられないよう、急いで逃げ戻る子ども達です。

20181018
20181018

一緒に踊ろう(年少児・年長児)                     2018/10/18(木)

年長組が運動会で踊った”ドラえもん”のダンス。

年少児達がポンポンを手に 曲に合わせて踊る毎日が続いています。

この日も踊っていると、部屋の外を年長児が通りかかりました。

年長児も大好きな自分たちのダンスですので、

部屋の中と外で お互いの動きを見合いながら、

嬉しそうに踊り合っていました。

20181018
20181018

今日は僕たちがお当番(年中児)                     2018/10/17(水)

10月に入ってまもなく、年中組のお当番が始まりました。

これまでは お弁当前のお祈りのかけ声や、

お弁当後の机を拭いたり、片付けや掃除を先生がしていましたが、

当番グループを決めて、子ども達に任せる事が少しずつ増えています。


「用意はいいですか?」

みんなのお弁当準備が整った様子を見て、

前に出ているお当番さん達が 食前の祈りの声をかけます。

それに合わせて、みんなで一緒に祈る子ども達です。

20181017

スイスイこげる自転車の楽しさ(年少児)                 2018/10/16(火)

自転車のこぎ方が上手になって、

楽しさを味わうようになっている年少児達。

表の庭で夢中になって乗っています。

20181017
20181017

てくてくと秋を探しながらお散歩へ (年少児・年中児・年長児)      2018/10/16(火)

年長1クラスと年少組が散歩に出かけました。

そのしばらく後、別行動で年中組が同じコースを散歩です。

途中の橋の上から川の流れや魚を見たり、

銀杏の木の下では 銀杏の匂いを感じ「くさーい」の声、

落ちていた松ぼっくりやどんぐりを少し拾ってきました。

20181016
20181016
20181016

お楽しみのパン食い競争(全園児)                    2018/10/12(金)

運動会の競技には卒園生のパン食い競争があり、

後日、子ども達もパン食い競争を楽しんでいます。

その他の運動会競技もみんなで行いました。

年少組は年中組のプレイバルーンに入れてもらい、玉入れもしました。

20181012
20181012

障害物競走(写真はゴム段を飛び越える瞬間)に年長組の応援団

20181012
20181012

下の学年にパン食い競争のお手本を見せた年長児は早くも美味しく味わっています。

20181012
20181012
20181012

運動会からおよそ2週間が経ち、

益々の子ども達の体力や運動能力の向上を感じました。

五感で感じた秋の散歩(年少児・年長児)                 2018/10/09(火)

先週に引き続いて、年少・年長児が散歩に出かけました。

この日の散歩は山登りコースの散歩です。

山の上まで行く道では どんぐりや木の実を夢中で拾い集めたり、

落ち葉でいっぱいになっている上を歩いては、

「ふかふかするー。」「音がする。」と感触を味わいました。

見る力、育つもの(全園児)                        2018/10/04(木)

運動会に向かう日々の中、子ども達は自分のダンスや競技だけでなく、

他の学年のものも 応援しながら興味をもって見てきました。

音楽に合わせダンスをするのが大好きな子ども達は

自然と体が動き、その場で見ながら自分も踊り出していました。


運動会が終わったこの週、

「”ドラえもん”がいい。」

年長組のダンス曲をリクエストする年少児達。

「年長の先生にCDを借りてきたら?」の先生の言葉に

5~6人の年少児が年長組の部屋へ。

「ドラえもんのCD貸して下さい!」と

先生に教えてもらった言葉を使い CDを借りることに成功。

ポンポンを手にして嬉しそうに踊り始めました。


振り付けを教わったわけではないのに、

年少児達は曲に耳を傾け、動きを思い出しながら踊り始めました。

数回繰り返し、その動きに自信がみられるようになっていきます。

音を聞きつけた年中児も仲間に加わり、踊り続けました。


”関心を持って見る”ということは 大きな力をもたらします。

この週は小学校の運動会練習風景をよく目にします。

自分も経験のあることは関心も持ちやすく、

特にダンスは曲が聞こえると とんできて見ている子ども達です。


どんぐり、まつぼっくり、ねこ じゃ らし(全園児)              2018/10/03(水)

秋が少しずつ深まり、

登園時、子ども達が色々なものを 拾ってくるようになりました。

歩く速さだと 毎日見ている風景の小さな変化にも気づきます。

見つけた宝物を、小さな手に 落とさないよう しっかり握って登園です。

先生や友だちに会うと、自分が拾った素敵なものを見せてまわります。

子ども達が感じている嬉しさや喜びを、子どもの目を通して 改めて感じる瞬間です。


貝殻がいっぱい!(年中児)                        2018/10/03(水)

小学校の運動会予行演習を見た後、

それぞれ散歩に出かけました。

年少・年長組とは別に 年中組は逗子海岸へ行きました。

海岸の様子は その日によって違います。

この日は 子ども達の目を引きつける大きな貝殻が

至る所に打ち上がっていました。

夢中になって貝殻を集めます。

貝殻だけでなく、時々しか目にしない”タコノマクラ”もありました。


小学校の運動会練習を見学(全園児)                    2018/10/03(水)

幼稚園の運動会が終わると 次は隣の小学校の運動会です。

普段は小学校と交代で使っている表の園庭ですが、

しばらくの間 小学校が少しでも練習できるように使用を譲ります。

この日は小学校の運動会の予行演習日でした。

幼稚園の子ども達はクラスごとに その様子を見学。

学年によっては 小学校2階テラスから見るクラスもありました。

いつもは入ることのない小学校校舎ですので、

非日常的で特別な感じが 新鮮でワクワクする気持ちにさせてくれました。











nach oben